にんにく

スポンサードリンク

ニンニク(Allium sativum)はヒガンバナ科ネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。かつてクロンキスト体系による分類ではユリ科に属していた。

日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。

参考: この臭いが快感に♪ニンニクを使った人気の簡単料理レシピまとめ

にんにくを使う商品

にんにくの人気商品

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円
{{item.catchcopy}}


スポンサードリンク