トマト

スポンサードリンク

日本では冬に枯死する一年生植物であるが、熱帯地方などでは多年生であり適切な環境の下では長年月にわたって生育し続け、延々と開花と結実を続けることができる。1本仕立てで1年間の長期栽培を行うと、その生長量は8メートル - 10メートルにも達する。

通常の栽培品種(支柱に誘引するタイプ)では発芽後、本葉8葉から9葉目に最初の花房(第一花房)が付き、その後は3葉おきに花房を付ける性質をもつ。地這栽培用の品種では2葉おきに花房をつける品種も多い。

また、各節位からは側枝が発生する。側枝では5葉目と6葉目に花房が付き、その後は3葉おきに花房を付けるが、側枝は栽培管理上、除去される事が多い。株がストレスを受けると正常な位置に花が付かない(花飛び)現象が発生するため、株が適切に生育しているかどうかを示す指針となる。


トマトを使う商品

トマトの人気商品

{{item.itemName}}

{{item.itemPrice}}円
{{item.catchcopy}}


スポンサードリンク

【✅スペースを有効に】キッチンのスペースを有効に使いたい!置き型のラックを使用せずに水切りマット(ドライングマット)を使用して、キッチンを広々活用!必要な時に出し、...


寸法 身丈:約82.5cm、身巾:約99cm (フリーサイズ)   
※身丈は、エプロンの胸元の一番上の部分から一番下の膝元の裾までで計測
...